腹筋のシルエットを出す呼吸

今回は、いつの間にか腹筋のラインを出す方法です。

 

「お腹を割りたい」

「腹筋のラインを出したい」

 

と腹筋運動を頑張っているけど、中々効果が出ない。。。。

 

そんな方が効率的に腹筋のラインを出すポイントです。

 

 

実は、腹筋のラインが見えるシックスパックのお腹にするにも

 

呼吸の仕方が大切なんです。

 

前回のブログでも呼吸とウエストのくびれのことを書きました。

 

 

実は、私自身も腹筋のラインがいつの間にか出ていた一人なんです。

 

私の場合、

 

気持ちいいと感じる程度のヨガをしていました。

 

 

他にも

 

「腹筋のラインが見えるようになりたい」

 

と当院に通っていただいている女性のお客様がおられますが、

いわゆるクランチと呼ばれる腹筋運動は一切行わず、

 

「いつの間にか、腹筋のラインが出てきました!」

 

と喜んでいただくことができました。

 

 

この2つの事例に共通するのは、

 

腹横筋を使う呼吸法です。

 

シックスパック、腹筋のラインは腹直筋のシルエットです。

 

だから、腹直筋を大きくすればいいのかと思いがち。

 

ですが、お腹の奥は内臓で柔らかいので、

 

腹直筋を多少大きくしたところで、

 

奥に沈み込んでしまうので、うまくラインが出ません。

 

反対に奥に沈み込まなければ、シルエットが見えるはず。

 

そこで、腹筋の中でも一番奥にある腹横筋が大切になってきます。

 

腹横筋が奥で腹直筋が沈み込まないように支えてくれるから、

 

シルエットが出てくるんです。

 

 

だから、腹直筋よりも腹横筋をトレーニングした方が

 

腹筋のシルエットを出すには効率的なんです。

 

 

前回の記事でも書いたように腹横筋をトレーニングする方法としての

 

呼吸法です。

 

 

シックスパックのお腹のように腹筋のラインを綺麗に出すには、

 

呼吸法が効率的である理由はわかりましたか?

 

「お腹を割りたい」

「腹筋のラインを出したい」

 

と腹筋運動を頑張っている方は、

 

ぜひ、腹横筋を使う呼吸法を併用してみてください。

 

 

腹横筋を使う呼吸は、アンビリカ呼吸と呼んでいます。

 

その方法は、簡単に書くと

 

お腹を硬くせず、息を長く吐ききるだけ。

 

当院の産後ケア整体でもこの呼吸法は基本なので、必ず最初にお伝えします。