· 

産後は骨盤が歪むって本当?

産後に気になる”骨盤の歪み”。

なんとなく、「骨盤が緩くなった」とか「骨盤が歪んだ」と感じているママさんは多いようです。この骨盤が緩くなったり、歪んだと感じる仕組みが分かれば、同時に解決法も見つかるかもしれません。

 なぜ、産後のママさんは口を揃えて、「産後に骨盤が緩くなった。。。」、「骨盤が歪んだ。。。」と感じるのでしょうか?

今日は、産後の骨盤の変化を見ていきましょう。 

骨盤にかかるストレス

妊娠期間中、胎児や胎盤・羊水の重みが増えていきます。妊娠後期には約7〜12kg。

 

座っている姿勢や立っている姿勢では、常にこの重みが骨盤の上にのしかかっています。

 

また、分娩の際には、胎児は狭い骨盤の中を通って出て来ますので、内側からも骨盤を押し広げるような力がかかることが想像できると思います。

 

このように、妊娠期間中から出産までの間、常に骨盤にはストレスがかかっています。

関節がホルモンで緩む

妊娠後期から分娩の間に、骨盤には多くのストレスがかかることが分かっていただけたと思います。

 

だけど、骨盤が緩んだり、歪む原因はこれだけではないんです。

 

それは、妊娠期間中や出産の時期は、ホルモンの影響で骨盤を固く支える靭帯が緩む時期でもあるです。

 

緩んでいる時期に強いストレスがかかる。

 

骨盤が緩むのには、ちゃんと意味があります。それは、胎児が骨盤の中をうまく通過して、分娩しやすいためです。

 

その出産しやすい恩恵を受けた反面、体の土台としての働きは不利益を被っています。

 

骨盤を支えるのは筋肉

では、骨盤が緩んだり、歪むのは仕方ないのかというとそういう訳ではありません。

 

この時期に、骨盤をしっかりと支えている組織もあります。

 

 

それは腹筋や骨盤底筋といった骨盤周りにある筋肉です。

 

骨盤を取り囲んでいる筋肉が上手く働くことで、骨盤を支え、歪みを作らない役割があるんです。

 

だから、しっかりと骨盤周りの筋肉を使うことで、骨盤の緩みや歪みは予防できます。

 

予防に越したことはありませんが、出産後からでも大丈夫です。

 

出産後に骨盤周りの筋肉を働かせる運動(ヨガや産後エクササイズ)などを行うことで骨盤周りの筋肉の働きを引き出していくことが可能です。

 

※運動によっては、悪化させることもありますので、専門家のアドバイスを受けることが望ましいと思います。

骨盤の緩み・歪みには筋肉を働かせよう

産後は、骨盤の周りの筋肉をしっかりと使えるように運動することで、骨盤の緩みや歪みはなくなっていきます。

 

 

次回の更新をお楽しみに。